【非薬物療法】パニック障害や不眠に効くアロマテラピー

2019年7月1日

アロマテラピーとは何か

アロマテラピーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

植物から抽出したオイルを身体に塗ったり、匂いを嗅いだりする療法です。

ここ数年、流行ってきているイメージがあります。

私は以前、アロマテラピー資格をとるために勉強をしていたことがありました。

自宅の近くに金木犀があり、昔から"匂い"というものに惹かれていたからだと思います。

目的の1つはもちろん自分のパニック障害の症状軽減のためです。

自分の性格的にアロマテラピーが"なぜ"効果があるのか、といったことを気になってしまって結構調べていました。

認知症に効くという報告も学術界で出ており、比較的根拠のある治療だと思っています。

また、治療と思わなくても"良い香り”というのは気分を良くしてくれること、

これはほとんどの方が納得してくださるのではないでしょうか。

私は上記の本を家に常備していて、季節や気分によってディフューザーで撒く香りを変えています。

アロマの利用方法

最初に述べた通り、アロマとは植物の油です。

古代から治療にも使われてきています。

ディフューザーを使い、部屋に匂いを充満させるのが最も手軽です。

お風呂に一滴垂らすことでも非常にリラックスできます。

アロマ瓶を持ち歩いてハンカチに一滴垂らして匂いを嗅ぐこともよいでしょう。

このように生活の色々な場面でアロマを使い、リラックスすることができます。

薬物療法に抵抗がある方もアロマならば手軽にできるかと思います。

パニック障害・不眠に効くアロマ

アロマにもたくさん種類があります。

大げさに言えば、植物の種類だけアロマがあるのです。

ただ、一般に流通していて比較的安価で購入できるものは大体決まっています。

パニック障害や不安感、不眠に効くアロマそれは・・・

ラベンダー

ちなみにアロマって結構安くて500円くらいで買えます。

ほんの一滴で香りがしますのでコスパも大変よいです。

アロマの香りを部屋に充満させる方法としてはデフューザーが最も手軽です。

大体ディフューザー2000円とアロマ500円程度で楽しめます。

オススメの使用方法

私は入浴後から寝る前の30分の間、ディフューザーでラベンダーの香りを散布することを習慣にしています。

夜眠ることに特化したアロマミスト等もあります。

不眠に悩む方が現在たくさん多いため、睡眠に特化したアロマミストのサービス等も出てきています。

“睡眠"という毎日のことに薬を使うことに抵抗感が強い場合、アロマを使ってみてはいかがでしょうか。

今回の記事が少しでも助けになれば幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

パニック障害ランキング