パニック障害に関するおすすめ書籍

2019年7月6日

【2019/7/16更新】

パニック障害系の書籍色々

私はパニック障害になってからというもの、この世に出ているほぼ全ての書籍を読んできています。

それは自分の病気を深く知るためというだけではなく、どのように他の人に知ってもらうか、ということを考えるためです。

10年前に比べてたくさんのパニック障害に関する本が出版されてきましたが正直ピンキリです。

たくさんの書籍の中から良書だったものを紹介していきます。

パニック障害解説系

こちらの書籍は最近のパニック障害系の書籍では人気のものです。

イラストメインで大変読みやすく、パニック障害になって困惑している方、パニック障害を知ってほしい身近な人にお渡しするのにおすすめできる本です。

ー目次ー
1 こんなことありませんか?
2 “あいつ”って何?
3 “あいつ”をしつける
4 “あいつ”とお散歩にでる
5 “あいつ”とからだ
6 “あいつ”の飼い主特有の考え方
7 “あいつ”の飼い主でない人たち
8 “あいつ”を飼っているということ
9 “あいつ”の調教師をみつける
10 “あいつ”がもどってきた!
11 最後に…

パニック障害治療系

【アロマセラピー】

こちらの記事でアロマセラピーについて紹介しておりますが、

メンタル系の問題に特化した書籍ではこちらが参考になります。

アロマセラピーの始め方からそれぞれの特性にあった香りなどが一覧でわかりやすく解説されています。

ー目次ー
第1章 精油の基礎とアロマセラピーの方法
第2章 アレルギーを撃退するアロマセラピー
第3章 肥満・生活習慣病を撃退するアロマセラピー
第4章 女性特有の不快症状に効くアロマセラピー
第5章 心のケアに有効なアロマセラピー
第6章 日常のさまざまな不快症状に効くアロマセラピー
第7章 乳幼児と妊婦のためアロマセラピー
第8章 アロマセラピーで症状が改善した症例報告

【認知行動療法】

認知行動療法についてはいくつかありますが、本格的に予期不安等について知り、治療するためにはこちらの書籍がおすすめです。

お医者様から治療を受けていない場合でも、この本のみで自分で認知行動両方を行えます。

ー目次ー
第1節 不安、パニック、広場恐怖の本質
第2節 呼吸コントロール
第3節 リラクゼーション・トレーニング
第4節 段階的曝露
第5節 認知再構成
第6節 パニック感覚を再生する
第7節 毎日の生活でパニック感覚に慣れること
第8節 ふたたび認知再構成について
第9節 進歩を確実なものにするために:今後のために
第10節 推薦資料

【呼吸法系】

こちらは呼吸法に特化した書籍です。

“ロシアの特殊部隊が採用している武術システマ"というなかなかいかつい説明がついていますが、

戦争中に心を平静に保つ

といったかなり本格的な呼吸法です。

普通の深呼吸では得られない、プロの呼吸法を身に付けることができます。

~目次~

1章.何故あなたは恐怖を感じるのか?
2章.恐怖が生む三つの足かせ
3章.恐怖心を消すには「ブリージング」せよ
4章.最強の呼吸法
5章.最強の呼吸法:パニックに対するブリージング
6章.現代を生き抜く護身術編
7章.ロシア武術「システマ」とは?

【自律訓練法】

こちらは他記事でも何度か紹介している自律訓練法に関する書籍です。

パニック障害の書籍ってたくさんあるけどどれがわかりやすいの?という疑問に本記事が参考になれば幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

パニック障害ランキング