【パニック障害】朝一の会議や小出張に対処する方法

2019年7月13日

【2019/7/28更新】

朝一で営業先での会議

パニック障害を抱えながら日常生活を送っていても避けられないイベントが突如発生することがあります。

普段は朝はゆっくりめの出勤形態や社内での仕事が中心でも朝一の会議や出張が入ることは当然あるでしょう。

もう絶対満員電車が無理と決め込んでいる場合もあると思います。

私も満員電車乗るくらいならいくらでも代償支払う・・・と考えて生きています。

上記事では満員電車に対応する方法を説明しています。

満員電車に乗らないように行動する

これに尽きます。

結局のところ、朝一の会議でもかなり早い時間に家を出れば満員電車を避けることができます。

家からは遠い場所に朝一に行かないといけない時

上述の通り、満員電車を避けるために朝早く移動をするのが最善ですが、

自宅から遠いとどうしても満員電車に当たってしまうことがあります。

私もそういうことが何度かありましたし今でも多々あります。

そういう時には前乗りをします。

つまり、前日に近くのビジネスホテルに泊まるのです。

わざわざビジネスホテルに泊まるほどのことか?

普通に(?)満員電車に乗れる方はバカらしいと思うかもしれません。

しかし、パニック障害の人間にとっては満員電車なんて死んでものりたくないのです。

ビジネスホテルの値段はピンキリですが4000円-8000円の間です。

もちろん多くの場合単なる朝一の会議のためにビジネスホテルなど経費で落ちないため、

自腹になってしまいますが満員電車に乗りパニック発作の恐怖と数千円を天秤にかければ私は後者を選びます。

ビジネスホテルかカプセルホテルか

安く済ませるならカプセルホテルですが、パニック障害にとってカプセルホテルは結構ハードルが高いです。

寝るだけのスペースなのでかなり閉所で圧迫感を強く感じます。

もしカプセルホテルでも問題ないという方ならばもちろんカプセルホテルの方がコストパフォーマンスはよいですが、

翌日に朝から仕事で体調も整えないといけないとなるとビジネスホテルの方がよいと思います。

ビジネスホテルの予約方法

宿泊予約サイト色々あり、色々あるがゆえに値段のばらつきがあります。

一番安いのは朝食無しのシングルベッドの部屋です。

人気ホテル&旅館が最大50%オフ

ホテル料金比較『トリバゴ』

私は普段ここを使っています。

出張やビジネスに特化しています。

400社が提供している宿泊料金を比較しているので簡単に最安値で予約が可能です。

個々のサイトのポイント還元よりも値段が安いところを探す方が結果的に得です。

トリバゴでの予約の仕方

使い方は非常にわかりやく簡単です。

まずホテル料金比較『トリバゴ』にアクセスします。

すると以下の検索画面が出てきます。

パニック障害 トリバゴ

ここで、検索欄に"新宿"と打つと"新宿駅, 東京"とサジェスチョンが出るので選択します。

そして希望するチェックイン日とチェックアウト日を入力し、部屋タイプを選びます。

パニック障害 トリバゴ

すると、以下のような検索結果が出てきます。

並び変えはデフォルトが"おすすめ"となっていて高級ホテルが出てくるため、

料金&おすすめ“順に並べ変えましょう。

すると4000円台で候補が出てきました。

見ての通り、いくつかのホテルサイトを比較しており、最安値がわかります。

ここから希望のホテルを決め、予約サイトに移動することでスムーズに安いビジネスホテルをとることができます。

今回、ホテル料金比較『トリバゴ』を紹介しましたが、

満員電車に乗るくらいなら・・・や、朝一の移動がしんどいという場合はある程度お金で解決できることを頭に入れておくと少し生活が楽になるかもしれません。

本記事が悩んでいる方の助けになれば幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

パニック障害ランキング