【パニック障害】満員電車に対するたった2つの方法

2019年5月26日

【2019/6/17更新】

満員電車の対応方法

パニック障害の最大の敵は満員電車ではないでしょうか。

私もいまだに満員電車はどうしてもだめです。

空間の圧迫感、イライラとした雰囲気、

そして何より人身事故や車両点検で電車が止まったらどうしよう

という恐怖がちらつきます。

逃げるが勝ち作戦です

満員電車と真正面から闘う必要はありません。

満員電車から逃げるのです。

では、満員電車をどう避ければよいのでしょうか。

解決法はシンプルです。

満員電車となる通勤・通学時間帯に電車に乗らない

これに尽きます。

簡単なんです。

でもこれを実行できている人がどの程度いるでしょうか?

例えば都内ですと通勤時間のピークは大体朝は7:00-9:00です。

つまり始業が9時ならば朝6時代の電車に乗ればよいのです。

私の場合、9時始業で朝5時30分に起きて朝6時に家を出ます。

そして、各駅停車のみで会社まで行きます

通勤快速などを乗り継げば50分程度で着くことができますが各駅停車です。

各駅停車は到着までに時間がかかりますが確実に座れ、電車も空いています。朝のかなり早い時間でしたら尚更です。

朝のかなり早い時間でしたら尚更です。

朝が早いことと通勤電車のストレスやパニック発作恐怖の天秤

どちらを選びますか?

私は前者を選びます。

朝早く会社付近についてしまう?

仕事をするか近くの喫茶店でのんびり読書でもしていればよいのです。

睡眠時間も夜早く寝るようにすれば確保することはなんら問題ありません。

電車に関する予期不安・認知行動療法についてはこちらの記事をご参考にしてください。

お金で解決する

もう1つの方法はお金で解決することです。

通勤ラッシュの時間帯でも空いている車両があります。

そう、新幹線orグリーン車です。

例えば都内勤務ならば東京駅か上野駅付近を中心として横浜・大宮方面に新幹線が伸びています。

満員電車が嫌なら新幹線に乗ればいいじゃない

ということです。

もしくは、グリーン車がある路線(湘南新宿ライン・上野東京ライン等)を使うことです。

通勤ピークの時間帯だとグリーン車ですら座れないことがありますが、多少時間を外せば座れます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

パニック障害ランキング