【不登校】埼玉県高校受験情報

2019年8月6日

【2019/8/10更新】

不登校と高校受験

中学校までは義務教育ですが高校以降は義務教育ではありません。

そのため、学校に行かずとも卒業ができる中学校と異なり高校では容赦なく留年・中退となります。

中学校で不登校となっていて高校受験をする際の問題点は通知表になります。

特に公立高校受験においては通知表が選考に使われます。

そのため自分が受験をする県の制度についてはよく知る必要があります。

埼玉県の高校受験

埼玉県教育委員会
令和2年度入学者選抜実施要項・入学者選抜要領
https://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/r2zissiyoukou.html

この中に、「第6 不登校の生徒などを対象とした特別な選抜」があります。

不登校 高校受験

通称"不登校枠"の要旨としては以下です。

・募集人員は定めず、選抜要領に従って各学校の実情に応じて選抜し、入学許可候補者を決定する。

・原則として全ての高校, 学科で実施する。

・在学している中学校長経由で自己申告書を出す。

このように、埼玉県においては不登校児童の高校受験における配慮について定められています。

しかし、これは都道府県によって大きく異なる上に年度によっても内容は変わります。

公立ではなく私立高校の場合は高校ごとに個別対応になることが多いため、志望校に直接問い合わせるのがよいでしょう。

高校の選択肢と受験勉強

他にも通信制高校という手段もあります。

高校卒業資格が取得できる通信制高校&サポート校!まずは一括資料請求!

なるには進学サイト「通信高校」ならば通信制の高校について簡単に情報収集が可能です。

やはり、最低限高卒でなければ就職することは難しいです。

また、学力がなければ高校入学も高校卒業もできません。

そのため私は不登校だからこそ、学力はつけておくべきだと考えています。

今ならば独学で勉強する手段はいくらでもあります。

インターネットさえあればYoutubeで無料の授業動画も配信されています。

スタディサプリ中学講座

スタディサプリ中学講座ならばスマホで質の高い授業動画を見ることができますし、不登校関係なく学力を自分のペースでつけることができ、現在2週間の無料キャンペーンが行われています。

ノーバスでは不登校に特化した家庭教師も揃っており、学校とはまた違う少し年上のお兄さんお姉さんとのコミュニケーションも行え、無料体験も行えます。

また、高等学校卒業程度認定試験という手もあります。これならば高校を卒業せずとも試験にパスするだけでその先の進路への道が開かれます。

本記事が高校受験や学習に関して参考になれば幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

パニック障害ランキング